プリントする

シフト管理の初期設定
[初期設定について][勤怠/シフト管理][機能・操作について]

シフト作成は前もって作成したシフトパターンを組み合わせて行います。シフト管理オプションを使用する前に、施設のあらゆるシフトパターンの作成をしましょう。

 

シフト設定

業務シフトパターン設定

設定 > シフト管理 より設定を行います。

 

シフトパターン名とその勤務時間および、休憩時間を設定します。

 

シフト上に表示される文言とその色です。
シフト内容が一目でわかるようなわかりやすい文字と色にしましょう。

 

シフトパターンを増やしたい場合は「追加」をクリックします。

 

シフトパターンの入力枠が増えました。設定が完了したら右側の「保存」を押しましょう。

 

休憩シフトパターン設定

パターン名、シフト表示上の文言とその色を設定します。

 

シフトパターンを増やしたい場合は「追加」をクリックし、増えた入力枠に休暇シフトパターン名等を入力したら、右側の「保存」を押して完了です。

 

保育士の配置基準

設定 > シフト管理 > 保育士の配置基準 より設定を行います。

 

国の定める配置基準があらかじめ登録してありますので、より厳しい基準で管理を行いたい場合以外は特に変更の必要はありません。

 

企業主導型保育事業の監査基準に応じた計算を行いたい場合には、「企業主導型の配置基準計算」の使用するにチェックを入れます。
右下の保存を押したら設定完了です。