プリントする

登降園/入退室管理の初期設定
[初期設定について][登降園管理][機能・操作について]

登降園/入退室の打刻に関連する出席簿や延長保育利用状況の出力などの設定を行います。

出席簿

登降園/入退室の打刻を行い、欠席や遅刻などの内容をコドモンに反映することで、出席簿を作成することができます。ここでは、出席簿に関する詳細な設定が可能です。

 

出席簿テンプレート

設定 > 登降園/入退室・出退勤 より設定を行います。

 

出席簿は「月次・クラス別(各クラスに所属している園児/児童の出席簿をクラスシート別に出力)」と「月次・全体(全園児/児童が1つのシート内に集約されて出力)」の2パターンの出力が可能です。

あらかじめコドモンで用意したテンプレートが設定されているのでそのまま使用いただけますが、こちらでテンプレートの変更をして利用いただくことも可能です。

 

変更する場合は、変更したい出席簿テンプレートをクリックします。

 

黄色くなっている標準テンプレートにカーソルをあわせ、下向きの矢印をクリックすると、あらかじめ設定されているテンプレート(Excel)がダウンロードできます。

Excelファイルを任意に修正し(出席簿テンプレートにご利用いただけるタグ一覧はこちらをご確認ください)、わかりやすい場所(デスクトップなど)に保存します。

 

「新規登録(Excel形式)」をクリックし、先ほど修正したExcelファイルを選択し、登録します。

 

「この書式を利用」をクリックして出席簿テンプレートの変更完了です。

 

出席簿出力文字

出席簿出力文字にはあらかじめ「〇△×」が登録されていますが、施設の運用にあわせて変更することも可能です。

 

延長保育利用状況の出力設定

コドモンでは延長保育利用状況(登降園/出退勤管理オプションと請求管理オプションを申し込んでおり、設定>園の基本情報>園の種別で「認可保育園」「小規模保育所」「認定こども園」(一部)場合に利用可能です)を確認することができます。この設定では延長保育利用状況をExcelファイルに出力する際の設定をします。

 

設定 > 登降園/入退室・出退勤 より設定を行います。「延長保育料利用状況(月次)」をクリックします。

 

テンプレートの時間間隔が違う3種類の標準テンプレート(10分,15分,30分間隔)を用意しています。施設では延長保育の利用状況をどういった時間間隔で表示したいかを確認いただき、「この書式を利用」をクリックします。

例)18時から延長保育になる施設で18時00分,18時30分,19時00分の延長保育利用人数を確認したい場合 → 「30分間隔」を選択します。

 

テンプレートを一部変更したい場合などは、黄色くなっている標準テンプレートにカーソルをあわせ、下向きの矢印をクリックすると、あらかじめ設定されているテンプレート(Excel)がダウンロードできます。

Excelファイルを任意に修正し(延長保育利用状況にご利用いただけるタグ一覧はこちらをご確認ください)、わかりやすい場所(デスクトップなど)に保存します。

 

「新規登録(Excel形式)」をクリックし、先ほど修正したExcelファイルを選択し、登録します。

 

「この書式を利用」をクリックして出席簿テンプレートの変更完了です。

 

※園児/児童の登園時間設定(請求管理も使う場合)

請求管理も併用して利用する場合、園児/児童への登園予定の設定方法手順が異なります。設定方法はこちらをご確認ください。

 

園児/児童の登園時間設定(登降園管理のみ利用する場合)

園児/児童の登園時間を設定しておくと、デイリーボードに登園予定が反映され、園児/児童の登降園予定情報を職員皆様で共有できますので非常に便利です。

「園児台帳」を開きます。

園児/児童名を選択し、「登園時間」をクリックします。

「通園予定を設定する」をクリックします。

「登園」「降園」は園児/児童の登降園の予定時間を登録できる箇所ですので、登園/降園時間を曜日ごとに設定しましょう。

時間をクリックすると上記の様な画面が表示します。
変更したい時間を設定し、「他の曜日にも適用」をクリックすると他の曜日にもまとめて時間の変更を適用することができます。適用したい曜日にチェックをいれて、「設定」をクリックします。

登園しない曜日がある場合は、曜日をクリックすると登園予定をなくすことができます。

「保存」を押します。

登園時間の設定ができました。