プリントする

食事チェックの初期設定
[初期設定について][献立管理][機能・操作について]

離乳食や幼児食などの区分とそれに適応する月齢の設定(※献立管理の有料オプションにも一部共通する設定です)や、食べた量とその表記文言の設定を行います。

 

給食献立表のパターンの設定

離乳食や幼児食などの区分とそれに適応する月齢、どの食事をチェックするかなどの設定が可能です。(※献立管理の有料オプションにも共通する設定です)

 

設定 > 献立レシピ管理 > 給食献立表のパターン設定 から設定を行います。

 

必要に応じて区分名の変更が可能です。

 

区分が足りない場合は「乳児食を追加」や「幼児食を追加」をクリックします。

 

施設の運用によって区分が不要な場合は、ゴミ箱マークで削除も可能です。

 

区分毎の月齢(幼児は年齢)を設定できます。それぞれの区分で期間が重複する場合は月齢の低い設定内容が優先されます。

 

区分ごとにチェックをする食事やおやつのタイミングを設定することができます。

 

全ての設定が完了したら「献立表のパターンの設定を保存」をクリックして完了です。

 

食事チェックの設定

食べた量の表記文言と、その入力間隔を利用しないなどの設定を行うことができます。

 

あらかじめ全ての項目にチェックが入っています。必要のない入力間隔がある場合はチェックを外します。

 

食べた量に対してコドモン管理画面上や連絡帳に反映される表記文言を選択することができます。

 

設定・修正が完了したら「食事チェックの設定を保存」をクリックして完了です。