プリントする

食事チェックの利用の流れを教えてください
[機能・操作について][デイリーボード]

食事チェック機能にアクセスします

デイリーボードの上部タブから「食事チェック」をクリックします。

『食事チェック』をクリックすると、下図の画面に表示されます。

例)下図<幼児食の献立との表記・・初期設定で登録した献立パターン名で表示されます

食事チェックの初期設定で献立パターンの登録がない場合は
下図のように表示されます。

本日の献立を登録する

※献立管理導入オプション園は、「献立管理」から登録をお願いいたします。
食事チェックから登録した献立は「献立表」の出力に反映されません。

はじめに、『献立を登録する』をクリックすると献立登録用のダイアログが表示されます。

献立は幼児食、乳児食初期など、「初期設定」で予め登録した献立パターンごとに一括で登録されます。

例)<幼児食>で登録した場合、<幼児食>で設定されている年齢クラスの全園児/児童に
一括で献立が登録されます。

①一括入力の対象となる欄にはチェックが入っております。一括入力の対象にしたくない場合には、チェックを外してください。
②本日の給食の料理名を入力します。
③料理名に応じて「主食・主菜・副菜・汁物・デザート」のカテゴリを選択できます。こちらで選択された内容は保護者への連絡帳にも表示されます。
④保護者への連絡も一括入力可能です。必要に応じてご活用ください。
⑤一括入力ボタンを押すことで、献立が保存されます。
※ 入力内容が空欄の内容については、一括入力の対象となりません。

すでに食べた量が記録されている園児がいる場合は以下のように表示されます。

各項目について、すでに入力がされている園児/児童に対して上書きをするかしないかを選択できます。
『全て上書きする』を選択した場合には、すでに入力済みの食事チェックの内容もリセットされます。この上書きする範囲は、画面に表示されている園児が対象となります。
また、アレルギー等で通常の園児/児童と異なる代替食等が入力された場合、代替食の内容も上書きする/しないを選択することができます。

 

昼食・夕食チェック

コドモン上から園児/児童毎の昼食・夕食の食量を記録します。

クリックすると、食べた量が下図のように表示されるので園児/児童が食べた量に応じて該当の図を選択してください。
完食の場合には『全完食』をクリックすることで完食チェックをつけることができます。

(「食べなかった」等の表示する文言と間隔については、
「初期設定>13.献立管理の設定(食事チェックの設定もこちら)>食事間隔の設定」から変更できます)

代替食など、園児/児童ごとに献立を変えたい場合は「代替食」をクリックしてください。

料理名の編集、項目の追加、削除を行い保存をクリックすると、献立内容が上書きされます。
料理名が上書きされると、すでに入力されている食事チェックの記録はリセットされます。

「幼児食からコピー」(予め設定した献立パターンにより名前は変わります)をクリックすると、
一括入力で登録した献立、または献立管理(オプション導入園のみ)から入力した献立がコピーされます。

おやつチェック

食べたおやつの記録ができます。おやつを食べた場合には、該当のチェックボックスにチェックを入れてください。

※初期設定で設定した献立パターンに合わせて表示されます。
※おやつの内容は献立機能オプション導入園のみ表示・入力が可能です
※おやつの食量チェックはできません

  

ミルクチェック

ミルクを飲んだ量と時間を記録できます。表示されているタブの「ミルク」を選択します。

ミルクの記入欄が表示されます。『+』をクリックするとミルク記録用のダイアログが表示されます。時間と飲んだ量を記録して保存ボタンを押してください。

保護者への連絡

※献立管理導入オプション園は、食事チェックページから一括登録できません。
「献立管理
」>保護者への連絡タブ からご登録をお願いいたします。

食事に関して、保護者に連絡したい内容を入力できます。
内容を入力し「保存する」ボタンを押してください。
こちらで入力した内容は連絡帳の食事の欄に食事チェックの記録と共に表示されます。

連絡帳へ画像を添付することもできます。
画像の「+」ボタンを押すと添付することができます。

画像を変更したい・削除したい場合は、追加した画像をクリックするとダイアログが表示されそこから変更することができます。

「変更する」をクリックすると画像の変更ができます。
「削除する」をクリックすると画像の削除ができます。
「×」ボタンをクリックすると、ダイアログが閉じます。

※献立で写真を登録されていた場合、「削除する」ボタンの代わりに「元の画像に戻す」ボタンが表示されます。
「元の画像に戻す」をクリックすると、献立に登録されている画像と同じ画像が登録されます。

連絡帳へ反映

食事チェック画面で記録を行った場合には、連絡帳へそのまま自動的に記録内容が転記されます。
すでに連絡帳の食事欄に入力がある場合には反映されませんので食事欄に改めて転記される場合には、『食事チェックの記録内容を引用する』をクリックしてください。

転記例

[昼食]
ご飯: 完食
しめじのみそ汁: 半分
さんまの生姜煮: 完食
キャベツのお浸し: 食べなかった
バナナ: 完食

[夕食]
おにぎり: 完食
具だくさん豚汁: 完食
厚焼き卵: 完食
オレンジ: 完食

[おやつ]
朝: 牛乳、ビスケット  完食
昼: 牛乳、菓子  完食
夕: 牛乳、ソフト塩せんべい  完食

本日はいつもより多く食べていました。美味しく楽しそうに食べていました。