• 献立管理を行う前に準備すること

    献立管理とは

    ※当機能はPCでの利用を前提として作成しております。
    iPad等タブレットでは画面崩れ等が起こる場合がございますので予めご了承ください。

    献立管理では、日々の給食の献立の管理や栄養管理をはじめ、
    園児台帳のアレルギー情報や登園予定などと連携し
    コドモン上での一括管理が可能です。

    申込をいただくと以下の機能がご利用いただけます。

    <献立作成機能>
    〇献立管理機能(管理幼児食、離乳食などパターンごとの管理)
    〇代替食献立の作成
    〇献立の複製
    〇献立の一括インポート
    〇レシピ管理(園所有のレシピをコドモン上で管理)
    〇コドモン配信レシピの提供(単品レシピ500以上利用可能)
    〇食材情報管理(日本食品標準成分表2015年版準拠)
    〇食数管理(デイリーボードの登降園予定と連携)
    〇栄養価自動計算
    〇給与目標栄養量の自動計算
    〇アレルギー対象園児お知らせ機能(園児台帳の情報と連携)

    <帳票出力>
    〇保護者配布用献立表
    〇調理指示書
    〇食材発注書
    ※検食簿・給食日誌等、今後順次開発を予定しています

    <食事チェック連携>
    〇食事チェック・連絡帳への献立連携
    〇保護者への献立に関する連絡事項連携
    〇給食写真の連絡帳への連携

    機能詳細についての資料はこちら

    日々の給食の献立を登録する前に以下の事前準備を行う必要があります。

    献立表のパターンを設定

    幼児用献立、離乳食用献立など、作成する献立表の数・パターンを設定します。
    設定方法は「初期設定-13.献立管理の設定(食事チェックの設定もこちら)」を参照ください。

    記事公開日:2018年10月10日
    最終更新日:2019年3月11日

  • 献立管理の初期設定

    初期設定

    設定をクリックします。

    設定画面が表示されます。

    栄養価自動計算の設定

    ①毎月の推定エネルギー必要量の算出方法:推定エネルギー必要量の算出に必要な計算方法を設定します。
    人数から算出するか、個別の体重から算出するか選択ができます。

    園児の人数から計算
    年齢・性別の基準体重を用いた推定エネルギー必要量を用いて計算し、平均値を使用します。

    園児個別の体重を用いて計算
    園児ごとに下記の計算式で推定エネルギー必要量を算出し、平均値を使用します。

    【計算式】
    推定エネルギー必要量(kcal/日)=基礎代謝量(kcal/日)×身体活動レベル+エネルギー蓄積量(kcal/日)

     

    ②幼児食の食材分量の換算率:献立を作成するときに、3歳以上児を基準をとして、
    3歳未満児と職員の食数を自動補完する倍率を指定します。

    ③土日に給食を実施する:土曜日・日曜日に給食を実施するかを設定します。

    設定後、栄養価自動計算の保存ボタンをクリックすると保存されます。

     

    発注先業者の設定

    食材を発注する業者を設定できます。

    追加ボタンをクリックします。

    業者名を入力し、保存をクリックします。

     

     

    食材情報の管理

    食材情報の編集、追加、削除ができます。
    初期状態で日本食品標準成分表2015年版(七訂)の2190品目が初期インストールされています。

    食品群をクリックすると、該当の食品群の食材が一覧で表示されます。

    ・食品名で絞り込んで検索ができます。
    ・「食品を追加」をクリックすると、食材を新しく追加することができます。
    ・食品名をクリックすると、食材の詳細を表示します。

    項目

    基本情報
    食材名称 (レシピ・献立表に表示される名称): 食品名称を指定できます。
    ※献立表に出力する際には、「(」以降は削除された形で出力されます。

    日本食品標準成分表の食材名称 (食品番号) :
    廃棄率:食品の廃棄率を指定できます。
    食品群:食品群を指定できます。初期インストールされている食材については編集できません。
    三色食品群 :献立表を出力した際に、この設定をもとにして材料が分けて表示されます。

    発注に関する情報

    名称:発注表を出力する際の名称を指定できます。
    商品番号:発注書に出力されます。
    備考:発注書に出力されます。

    栄養価
    各栄養価を指定できます。

    アレルギー成分
    食品に含まれるアレルギー成分を指定できます。

    ※初期インストールされた食品のうち、加工品についてはアレルギー成分が設定されていませんので、
    お使いの食品に合わせて設定をお願い致します。

    普段利用する発注業者
    普段利用する発注業者を指定できます。
    こちらで設定した業者が、献立で食材を使用したときの業者として表示されます。

    編集をクリックすると、編集画面に遷移します。

    編集後、保存をクリックすると保存完了します。

     

    目標値の設定

    毎月の栄養価の目標を設定することができます。

    ダッシュボードから「献立管理」をクリックし、献立作成画面に移動します。
    画面遷移後、分析をクリックします。

    項目

    栄養価の充足率:各栄養価の、実績値÷目標値(3歳以上児)を百分率で表示します。
    PFCバランス:たんぱく質・脂質・炭水化物のバランス(3歳以上児)を表示します。
    栄養価:各栄養価の、目標値とひと月分の献立の実績の平均値を表示します。
    食品群:各食品群の、目標値と一月分の献立の実績の平均値を表示します。
    一日の摂取量に占める給食の割合:昼食、夕食等の食事毎の割合の設定値を表示します。
    PFCエネルギー比率の設定:たんぱく質・脂質・炭水化物のバランスの設定値を表示します。

     

    目標値の編集

    目標値の編集ボタンをクリックします。
    設定は月毎に設定できますが、毎月設定し直す必要はありません。

    項目

    PFCエネルギー比率の設定:たんぱく質、脂質、炭水化物のエネルギーに占める割合を設定します。
    一日の摂取量に占める給食の割合:一日のうち、食事ごとに割合を設定します。
    栄養価ごとの給与目標量設定:栄養価の目標値を設定します。
    基準値で目標値自動計算:登録されている園児の情報を元に、栄養価の目標値を自動計算します。
    食品群ごとの給与目標量設定:食品群ごとに目標値を設定します。

    編集後、保存をクリックします。

     

    (初期設定は以上です。)

     

     

    記事公開日:2018年10月10日
    最終更新日:2019年6月7日

  • 献立を作成する

    献立を作成する

    ダッシュボード>献立管理をクリックします。

    献立を作成する日にちの行をクリックします。

     

    ①食数を入力する

    登園予定の食数を入力します。
    ※園児台帳にて登園予定を設定している場合、該当曜日が登園予定となっている園児の
    人数の合計が自動で入力されます。(登降園管理オプション導入園のみ)

    変更後、食数反映をクリックすると献立に食数の情報が反映されます。

     

    登園予定が変更になり食数を変更する場合は、以下の操作を実施してください。
    ※2019年4月4日より仕様変更を実施しました。詳細はこちらをご確認ください。

    例)3歳以上児の人数が3人→5人になった場合

    <食数変更前:3歳以上児 食数:3

     

    1. 人数を変更します。
    2. 「予定食数で総量を再計算する」ボタンをクリックします。
    3. 各食材の「総量」の値が再計算されます。(一人あたりの分量は変わりません。)

     

    <食数変更後:3歳以上児 食数:5

     

     

    当日の園児の出席/欠席情報、アレルギーの情報も確認できます。
    ※アレルギーの情報は園児台帳の「アレルギー」から連携します。

    「予定人数を食数に反映する」をクリックすると、登園予定人数が食数に反映されます。

     

    ②献立を入力する

    1).料理名を入力します。

    2).材料・調味料を入力します。
    材料の追加をクリックします。

    使用する食材を検索します。

    表示されてた食材から選択すると、食材が反映されます。

    画面中の詳細ボタンをクリックすると、食材の詳細の確認・編集が行なえます。

    3).材料・調味料の分量を入力します。
    総量、3歳時以上児(幼児食の場合のみ)を入力しますと、他の分量が設定と食数に基づいて自動計算されます。

    4).調理手順を追加をクリックし、調理手順を入力します。

     

    ③食材の入れ替え、削除をする

    ※2019年8月9日より仕様変更を実施いたいます。

    *右端「並替」の列、↑↓ボタンで材料の並び順を変更できます。

    *右上の「削除」を押すと、「削除ボタン(ゴミ箱マーク)」に切り替わり、材料ごとに削除することができます。

     

    ④保存する

    画面下部の保存ボタンをクリックすると、献立が保存されます。

    以上で献立が作成できます。

     

    栄養価を確認する

    以下2つの方法で確認いただくことができます。

    A.献立管理画面を開き、分析を開くとひと月の平均の栄養価を確認できます。

    B.献立管理画面を開き、献立表の行をクリックして詳細を表示します。
    左側の栄養価タブをクリックすると、栄養価が表示されます。

     

    アレルギー対応をする

    ① アレルギー対応が必要な園児を確認する

    園児台帳にアレルギーの登録がある園児がいる場合、登録されているアレルゲンと
    人数が一日の献立の上部に表示されます。
    ※園児台帳の「アレルギー」の登録情報を連携します。

    ② 献立にアレルゲンが含まれていないか確認する

    料理中に含まれているアレルゲンを表示します。
    園児のアレルゲンと一致した場合、赤く表示されます。

    ③ 代替食を作成する

    代替食を作成するボタンをクリックします。
    代替食が必要な園児を選択し、代替食の作成をクリックします。

    元になった料理がコピーされますので、適宜食材の除去、
    入れ替え等を行ってください。

    代替食の作成ではなく、該当の料理の配膳をしない場合は該当の園児に対して
    「代替食対応不要」を選択してください。

    料理の削除をする

    該当の料理を表示し、削除をクリックします。

     

    料理の編集をする

    「献立を作成する」を参照。カテゴリーの変更をするには、カテゴリー変更をクリックし、
    カテゴリーを選択し、変更をクリックしてください。

     

    料理の複製をする

    該当の料理を表示し、複製をクリックします。

     

    複製先にパターン、日にちを選択し、献立に複製するをクリックします。
    ※複製については作成するボタンを押されたタイミングで即座に保存されます。

     

     

    記事公開日:2018年10月10日
    最終更新日:2019年8月6日

  • 画像を登録する

    食事チェック(連絡帳の食事欄)に反映する画像を登録する

    ※画像を連絡帳に反映させるには日誌・連絡帳の編集権限が必要です。
    調理師アカウントで画像登録される場合はご注意ください。

    ダッシュボード>献立管理をクリックします。

    献立を作成する日にちの行をクリックします。

     

    ①保護者への連絡タブからクリックしてください。
    ※iPadだと全てのタブ表示がされませんのでPCからご利用ください

    ②画像追加をクリックして画像を登録ください。

    ③保存ボタンをクリックして保存ください。

    ※既に食事チェックが入力済の園児がいる場合は
    上書き確認が表示されますので、ご確認の上で登録ください。

     

    料理の画像を追加する

    ダッシュボード>献立管理をクリックします。

    献立を作成する日にちの行をクリックします。

    料理の画像追加をクリックして登録してください。

    この料理をレシピに登録すると、レシピ管理でもご覧いただけます。
    ※盛り付け例などの参考としてご利用ください。

     

     

    記事公開日:2018年10月11日
    最終更新日:2019年5月8日

  • 帳票を印刷する

    献立管理を開き、左上の「印刷」から各帳表を印刷することができます。

    ・献立表
    ・調理指示書
    ・発注書
    ・給食日誌
    ・検食簿

    の印刷が可能です。

    ※栄養価計算書等、この他の帳票は、現状まだ対応しておりません。
    今後随時開発を予定しておりますのでご了承ください。

    ※出力する帳票の文量が多い場合は、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。

    記事公開日:2018年10月10日
    最終更新日:2019年6月27日

  • オリジナルフォーマットをコドモンに登録する方法

    コドモンでは各園でお使いの「調理指示書」「献立表」「発注表」を再現することができます。

    1-1.現在お使いの帳票書式を用意します(Excel形式)

    まずは、コドモンに登録を行いたい帳票をExcel形式のファイルとして用意します。

    ※ エクセルファイルは「.xls」および「.xlsx」が対応可能です。

    ※ 帳票デザインは極力縦長A4サイズで構築ください。

    (横長の場合、印刷した際にデザインが崩れる場合がございます)

    1-2.用意したExcelに認識用タグを記入します

    Excelを開き、「料理名」「材料名」など各項目に表示したいセルに、コドモンの認識用タグを入力します。

    ※ 各帳票専用のタグ一覧をご使用ください。

    1-3.印刷範囲を設定します

    「表示」 > 「改ページプレビュー」を選択します。

    画面の表示が切り替わりますので、

    外側の青い線を印刷したい部分まで収縮させます。

    1-4.印刷サイズを設定します

    「ページレイアウト」 > 「サイズ」

    より印刷する際の用紙サイズを設定します。

    2.作成したExcelファイルをコドモンにアップロードします

    (1)ダッシュボードより「献立管理」 > 「設定」 > 「帳票テンプレート」を開きます。

    (2)登録を行いたい帳票をクリックします。

    (3)「オリジナルテンプレート」の横にある「新規登録(Excel形式)」をクリックし、作成したExcelを選択します。

    (4)「この書式を利用」をクリックすると、テンプレートを切り替えることができます。

    記事公開日:2019年6月7日

  • テンプレート作成時のタグ一覧

    コドモンに帳票をアップロードする前に、下記のタグを入力対象セルに貼り付けてください。

    ※ タグは、予告なく追加されることがございます。予めご了承ください。

    ※ タグ内に含まれる「#」は、食材名などで多数の種類がある項目で必要です。

     

    【献立表】

     

    【献立表のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    {month}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    日付 {day_#}
    曜日 {week_#}
    ☆一日分の料理名一覧
    {mealtitles_for_onedays_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(全部)
    {foodnames_for_onedays_all_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(赤の食材)
    {foodnames_for_onedays_red_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(黄の食材)
    {foodnames_for_onedays_yellow_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(緑の食材)
    {foodnames_for_onedays_green_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(その他の食材)
    {foodnames_for_onedays_others_#}
    ☆一日分の栄養価
    (エネルギー・炭水化物・タンパク質・脂質・塩分)
    {nutritional_value_for_onedays_#}
    一日分の昼おやつ・朝おやつ料理名
    ※ 昼おやつは◎、朝おやつは●の記号で表示
    {morning_afternoon_snack_mealtitles_
    for_onedays_#}

    昼食
    (☆のタグと組み合わせて使用)
    [lunch]
    夕食
    (☆のタグと組み合わせて使用)
    [dinner]
    朝おやつ
    (☆のタグと組み合わせて使用)
    [snack_m]
    昼おやつ
    (☆のタグと組み合わせて使用)
    [snack_a]
    夕おやつ
    (☆のタグと組み合わせて使用)
    [snack_e]

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

    注2)昼食と昼おやつの使用材料を複数の食事を一度に指定したい場合は[昼食,昼おやつ]のように「 [ ] 」で囲い、半角カンマで区切ります。

    例){ [昼食,昼おやつ] * 使用する食材一覧_1} →
            {[lunch,snack_a]*foodnames_for_onedays_all_1}

    注3)☆は「昼食・夕食・朝おやつ・昼おやつ・夕おやつ」のいずれかと組み合わせてご使用ください。

    例){昼食*料理名一覧_1} → {[lunch]*mealtitles_for_onedays_1}

     

    【調理指示書】

     

    【調理指示書のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
     {day}
    区分
    ※ 「昼食」「昼おやつ」など
    {meal_kind}
    ☆料理名
    {mealtitle_#}
    ☆食材名
    {foodname_#_#}
    ☆3歳児以上分量
    (※幼児食専用)
    {per_person_quantity_for_over_threeyears_#_#}
    ☆3歳未満児分量
    (※幼児食専用)
    {per_person_quantity_for_below_threeyears_#_#}
    職員分量(※幼児食専用)
    {per_person_quantity_for_staff_#_#}
    一人あたり分量
    (※乳児食専用)
    {per_person_quantity_#_#}
    総量(単位:g)
    {per_person_quantity_#_#}
    調理手順
    {cooking_methods_#_#}
    アレルギー成分 {allergen_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

    注2) 食材名の入力については、「mealtitie_1」「mealtitle_2」「mealtitke_3」をそれぞれ別の行で設定してください。

    ・「_1」は罫線の始まりを示しています。
    ・「_2」は繰り返しを示しています。
    ・「_3」は罫線の終わりを示しています。

    【発注表】

     

    【発注表のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    業者名 {food_order_vender_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
     {month}
    {day_#}
    曜日 {week_#}
    食材名 {foodname_#_#}
    総量(単位:kg) {total_quantity_kg_#_#}
    総量(単位:g) {total_quantity_g_#_#}
    備考 {memo_#_#}
    商品番号
    {product_number_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

     

    【給食日誌】

    【給食日誌のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
    {day}
    曜日  {week}
    区分
    ※ 「昼食」「昼おやつ」など
    {meal_kind}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name_#}
    料理名 {mealtitle_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

     

    【検食簿】

    【検食簿(週ごと)のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    献立パターン名 {meal_pattern_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
     {day}
    曜日 {week}
    区分
    ※ 「昼食」「昼おやつ」など
    {meal_kind_#}
    料理名 {mealtitle_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

     

    【検食簿(日ごと)のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
    {day}
    曜日 {week}
    区分 {meal_kind}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name_#}
    料理名 {mealtitle_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

     

    【アレルギー情報一覧表(週ごと)】

     

    【アレルギー情報一覧表(週ごと)のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    献立パターン名 {meal_pattern_name}
    ①に入力するタグ
    項目名 タグ
    年号 {era_weekstartday}
    和暦 {yearj_weekstartday}
    {year_weekstartday}
    和暦年度 {termyearj_weekstartday}
    年度 {termyear_weekstartday}
    {month_weekstartday}
    {day_weekstartday}
    曜日 {week_weekstartday}

    ※_weekstartday : 対象月の開始日を記載
    例)5月分の印刷を行うとき、始まりの1週間の日付が
    2019/4/29(月)〜2019/5/5(日)の場合、5/1からを表示

     

    ①以外に入力するタグ
    項目名 タグ
    年号 {era_weekendday}
    和暦 {yearj_weekendday}
    {year_weekendday}
    和暦年度 {termyearj_weekendday}
    年度 {termyear_weekendday}
    {month_weekendday}
    {day_weekendday}
    曜日 {week_weekendday}

    ※_weekendday:対象月の終了日を記載
    例)5月分の印刷を行うとき、終わりの1週間の日付が2019/5/27(月)〜2019/6/2(日)の場合、5/31までを表示

    項目名 タグ
    {month_曜日}
    {day_曜日}
    曜日 {week_曜日}
    料理名・食材名
    {mealtitle_or_foodname_曜日_#}
    アレルギー情報 {allergen_曜日_#}
    月曜日 mon
    火曜日 tue
    水曜日 wed
    木曜日 thu
    金曜日 fri
    土曜日 sat
    日曜日 sun

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

    記事公開日:2019年6月7日
    最終更新日:2019年9月25日

  • 献立を複製する

    献立管理画面を開き、複製をクリックします。

    ・左の献立表 → 編集中の献立表
    ・右の献立表 → コピー元の献立表

     

     

    上下の三角のボタンで、献立の入れ替えができます。
    また、ゴミ箱ボタンで献立の削除ができます。
    (削除時、食数、保護者への連絡は削除されません)

    コピー元の献立から、コピーしたい献立を選んで、選択した献立のコピーボタンを
    クリックすると献立がコピーされます。
    編集中の献立のうち、献立が作成されていない日にちから順にコピーされます。

    編集後、適用するボタンをクリックすると保存されます。

     

     

     

    記事公開日:2018年10月10日
    最終更新日:2019年6月7日

  • レシピ管理

    レシピを検索する

    レシピの検索は、「料理名から探す」「食材から探す」の2つの方法が選択できます。

    ・料理名から探す
    レシピの料理名から検索ができます。キーワードを入力し、検索ボタンをクリックしてください。

    ・食材から探す
    レシピに使われている食材から検索ができます。食材のキーワードを入力し、検索ボタンをクリックしてください。(複数の食材が含まれているレシピを検索したい場合、半角スペースで区切って複数食材を指定することができます)

    詳細条件を指定して検索することも可能です。

    ・お気に入りのみ表示する
    お気に入り(☆のマーク)をつけたレシピのみ、検索結果に表示されるようにします。

    ・幼児食/乳児食
    幼児食か乳児食かを選択して検索ができます。

    ・主食/主菜…
    主食、主菜等を指定して検索ができます。

    ・1月/2月…
    行事食、旬の食材を使った料理等、レシピに対象月が指定されているものを検索ができます

    レシピの詳細を確認する

    材料の詳細ボタンをクリックすると、材料についての情報を見ることができます。

    レシピを登録する

    レシピ管理画面の、「レシピを追加」ボタンからレシピを新規に作成することができます。

    レシピ名:レシピの名称を記載してください

    主食/主菜/副菜/汁物/デザート/おやつ:レシピの種類を選択してください。

    幼児食/乳児食:幼児食か乳児食か選択してください。

    レシピの説明:レシピのメモなどを記載ください。※1

    1月,2月。。。。:行事食、旬の食材を使ったレシピなど、使いたい月が限られているものはこちらをチェックください。レシピの検索の際に絞り込みができます。

    食材・調味料:使用する食材を記載してください。操作方法は後述。

    コツ・ポイント:調理の際のメモなどをご記載ください。※1

    ※1…該当欄に記載した内容はレシピ管理内でご覧頂けます。
    食事チェック並びに保護者への連絡欄には表示されません。

     

    食材の追加

    食材を追加をクリックします。

    検索欄に検索したい食材名を入力し、検索結果の中から使用する食材を選択してください。

    食品群から検索することも可能です。

    1.食品群を選択
    2.右側に食品群内の食品が表示されますので、使用したい食材を選択してください。
    選択した食品群の中から、食品を絞りこむことも可能です。

    食材を新規追加

    日本食品栄養成分表に載っていない食品を新規に追加することができます。

    基本情報

    食品名称:食品の名称

    廃棄率:食品の廃棄率

    三色食品群:緑・黃・赤より選択してください。印刷した献立表に表示されます。

    発注に関する情報:名称:発注表に印刷される名称です。

    商品番号・備考:発注表に印刷される情報です。

    栄養価:栄養価を入力ください。

    アレルギー情報:アレルギー成分を入力ください。

    普段利用する発注業者:発注業者を設定しておくことができます。
    この情報をもとに発注表が作成されます。
    ※献立管理にて変更することも可能です。

     

    レシピを編集する

    編集したいレシピを表示します。
    右上の編集ボタンをクリックします。

    項目についての詳細は「レシピを登録する」をご参照ください。

     

    レシピを削除する

    削除したいレシピを表示します。

    右上の編集ボタンをクリックします。
    右下のレシピを削除するをクリックします。

    確認モーダルに表示されている内容を確認後、OKボタンを押すとレシピが削除されます。

     

     

    記事公開日:2018年10月10日

  • 献立をインポートする

    献立情報のインポートボタンをクリックすると、インポート・エクスポート画面に遷移します。

    CSVエクスポートをクリックすると、当月・当該パターンの献立をエクスポートします。
    ※フォーマットは変更できません

    一件も献立登録がない場合は、サンプルのダウンロードができます。
    【注意事項】代替食はエクスポートされません

    「献立をインポート」で、書式に合わせてCSVをインポートすると献立の一括取り込みができます。
    レシピID、レシピに同一名の献立がある場合は、レシピから、材料・調理手順等も登録されます。

    CSV取り込み後、画面の結果を確認し、よろしければ登録を押してください。

    【注意事項】
    ・すでにある献立を洗い替えする形で登録します。
    変更したくない献立の日付は、こちらの一括インポートではなく、献立詳細画面から修正ください。
    ・代替食は一括インポートできません。

     

     

    記事公開日:2018年10月10日
    最終更新日:2019年6月7日

  • レシピ配信

    コドモンの配信レシピは、園にて登録したレシピと同様に献立で使用することができます。

    コドモンの配信レシピは、レシピ提供元として下図の表記があります。
    この表記がないレシピは、園にて登録したレシピです。

     

    <レシピ一覧画面>

     

    <レシピ詳細画面>

     

     

    配信したレシピを編集する場合は、このレシピをコピーして編集 をクリックして編集してください。

     

    コドモンで配信したレシピについて、以下の注意点をご確認ください。

    ①今回配信したレシピは〜20名程度の小規模調理を想定しての分量、調理手順となっています。
    園の状況に合わせて適宜分量・食材等を調整してお使いください。

    ②配信レシピ中にある「揚げ油」について、給油率から計算した分量
    となっていますので、実際の調理時に使用する分量とは異なります。

    配信レシピ中の加工品(パン・カレールウ等)については
    初期インストールの食材マスタの食品と同様にアレルギー成分が登録されていません。
    実際にお使いのメーカー・食品に合わせて登録して使用してください。

    例)カレールゥに小麦・乳と指定していたが、あるメーカーのルウを使うのでりんごが入っている

    例)食パンに小麦、としていたが卵も使っている

    ④レシピ検索画面での表示順は園での登録レシピ→コドモン配信レシピという順に表示されます。
    配信レシピの表示が不要な場合は下図の、園で登録したレシピのみを表示する にチェックを入れてください。

     

     

     

    記事公開日:2018年12月27日

  • 月間配信献立取り込み方法

    毎月1日に、翌月の献立が配信されます。配信された献立を下記の手順で取り込みます。
    ※取り込み可能期間は、対象月の前月1日から対象月の月末までです。(例:4月分献立は3/1〜4/30まで取り込み可能)

    取り込みが可能になると献立管理画面の対象月に、「月間配信献立取り込み」ボタンが表示されます。

    ※2019年3月1日配信分献立取り込み時の注意
    取り込み前の事前準備として、献立管理画面で日ごとに食数を入力し、必ず「保存」ボタンで保存を行ってください。食数が入力されていない日に取り込んだ場合、食数0、総量0で取り込みが実行され、その後食数を変更しても総量が正しく計算されません。
    (今後、一括で保存操作ができるなど改修予定です)

    【食数の設定方法】
    ①該当日を開き、食数を入力する(園児の登園予定を設定している場合は自動的に数字が反映されています)
    ②食数反映をクリックする
    ③保存をクリックする

    ※土曜日は、設定>土日に給食を実施するの設定に拠って取り込みが実行されます。
    ※日曜・祝日は配信対象外です。

    月間配信献立取り込み方法

    ①月間献立配信取り込みボタンをクリックしてください。

    ②取り込み画面に遷移します。取り込み先の献立パターンを設定し、取り込み実行をクリックします。これで献立の取り込みは完了です。

    記事公開日:2019年2月28日
    最終更新日:2019年9月11日

  • 配信献立についての注意事項

    えいよう未来研究所では、厚生労働省のガイドラインに基づき保育園の献立を作成しています。

    ※ アレルギー対応については、各々の園での対応をお願いいたします。
    ※ 配信内容は昼食・昼おやつ、平日と土曜日の献立です。

    基本の昼食

    ・主食、主菜、副菜、汁物、果物を基本とした献立
    ・毎日違うメニュー
    ・固形コンソメ、粉末だし不使用
    ・おやつは小麦・卵・乳不使用
    ・調理師ではなくても作れるようにシンプルな作り方
    ・日に必要なエネルギーの1/3を昼食でまかなえるよう設定

    使用食材について

    入荷状況により下記の食材は変更していただいて構いません。

    食材 献立中の記載 変更可能な食材
    「白身魚」 鯛、カレイ、ヒラメ、鮭など
    「青魚」 サバ、アジなど
    青菜 「青菜」 ほうれん草、小松菜、チンゲンサイなど
    果物 果物全般 ・別の果物に変更していただいても構いません。
    ・おやつの時間に提供していただいても構いません。

    離乳食について

    ・幼児食の料理によって離乳食で空欄のように見えることがありますが、問題ございません。
    ・離乳食の期わけは下記の通りになります。
    ・期わけごとに「禁止食材」をそれぞれの園で設定している場合は、食材を変更していただいても構いません。

    離乳食 期分け 目安
    完了期 12〜18ヶ月
    後期 9〜11ヶ月
    中期 7〜8ヶ月
    初期 5〜6ヶ月

    記事公開日:2019年2月28日
    最終更新日:2019年9月11日