• 献立を作成する

    献立を作成する

    ダッシュボード>献立管理をクリックします。

    献立を作成する日にちの行をクリックします。

     

    ①食数を入力する

    登園予定の食数を入力します。
    ※園児台帳にて登園予定を設定している場合、該当曜日が登園予定となっている園児の
    人数の合計が自動で入力されます。(登降園管理オプション導入園のみ)

    変更後、食数反映をクリックすると献立に食数の情報が反映されます。

     

    登園予定が変更になり食数を変更する場合は、以下の操作を実施してください。
    ※2019年4月4日より仕様変更を実施しました。詳細はこちらをご確認ください。

    例)3歳以上児の人数が3人→5人になった場合

    <食数変更前:3歳以上児 食数:3

     

    1. 人数を変更します。
    2. 「予定食数で総量を再計算する」ボタンをクリックします。
    3. 各食材の「総量」の値が再計算されます。(一人あたりの分量は変わりません。)

     

    <食数変更後:3歳以上児 食数:5

     

     

    当日の園児の出席/欠席情報、アレルギーの情報も確認できます。
    ※アレルギーの情報は園児台帳の「アレルギー」から連携します。

    「予定人数を食数に反映する」をクリックすると、登園予定人数が食数に反映されます。

     

    ②献立を入力する

    1).料理名を入力します。

    2).材料・調味料を入力します。
    材料の追加をクリックします。

    使用する食材を検索します。

    表示されてた食材から選択すると、食材が反映されます。

    画面中の詳細ボタンをクリックすると、食材の詳細の確認・編集が行なえます。

    3).材料・調味料の分量を入力します。
    総量、3歳時以上児(幼児食の場合のみ)を入力しますと、他の分量が設定と食数に基づいて自動計算されます。

    4).調理手順を追加をクリックし、調理手順を入力します。

     

    ③食材の入れ替え、削除をする

    ※2019年8月9日より仕様変更を実施いたいます。

    *右端「並替」の列、↑↓ボタンで材料の並び順を変更できます。

    *右上の「削除」を押すと、「削除ボタン(ゴミ箱マーク)」に切り替わり、材料ごとに削除することができます。

     

    ④保存する

    画面下部の保存ボタンをクリックすると、献立が保存されます。

    以上で献立が作成できます。

     

    栄養価を確認する

    以下2つの方法で確認いただくことができます。

    A.献立管理画面を開き、分析を開くとひと月の平均の栄養価を確認できます。

    B.献立管理画面を開き、献立表の行をクリックして詳細を表示します。
    左側の栄養価タブをクリックすると、栄養価が表示されます。

     

    アレルギー対応をする

    ① アレルギー対応が必要な園児を確認する

    園児台帳にアレルギーの登録がある園児がいる場合、登録されているアレルゲンと
    人数が一日の献立の上部に表示されます。
    ※園児台帳の「アレルギー」の登録情報を連携します。

    ② 献立にアレルゲンが含まれていないか確認する

    料理中に含まれているアレルゲンを表示します。
    園児のアレルゲンと一致した場合、赤く表示されます。

    ③ 代替食を作成する

    代替食を作成するボタンをクリックします。
    代替食が必要な園児を選択し、代替食の作成をクリックします。

    元になった料理がコピーされますので、適宜食材の除去、
    入れ替え等を行ってください。

    代替食の作成ではなく、該当の料理の配膳をしない場合は該当の園児に対して
    「代替食対応不要」を選択してください。

    料理の削除をする

    該当の料理を表示し、削除をクリックします。

     

    料理の編集をする

    「献立を作成する」を参照。カテゴリーの変更をするには、カテゴリー変更をクリックし、
    カテゴリーを選択し、変更をクリックしてください。

     

    料理の複製をする

    該当の料理を表示し、複製をクリックします。

     

    複製先にパターン、日にちを選択し、献立に複製するをクリックします。
    ※複製については作成するボタンを押されたタイミングで即座に保存されます。

     

     

    記事公開日:2018年10月10日
    最終更新日:2019年8月6日

  • テンプレート作成時のタグ一覧

    コドモンに帳票をアップロードする前に、下記のタグを入力対象セルに貼り付けてください。

    ※ タグは、予告なく追加されることがございます。予めご了承ください。

    ※ タグ内に含まれる「#」は、食材名などで多数の種類がある項目で必要です。

     

    【献立表】

     

    【献立表のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    {month}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    日付 {date_#}
    曜日 {week_#}
    ☆一日分の料理名一覧
    {mealtitles_for_onedays_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(全部)
    {foodnames_for_onedays_all_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(赤の食材)
    {foodnames_for_onedays_red_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(黄の食材)
    {foodnames_for_onedays_yellow_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(緑の食材)
    {foodnames_for_onedays_green_#}
    ☆一日分の使用する食材一覧(その他の食材)
    {foodnames_for_onedays_others_#}
    ☆一日分の栄養価
    (エネルギー・炭水化物・タンパク質・脂質・塩分)
    {nutritional_value_for_onedays_#}
    一日分の昼おやつ・朝おやつ料理名
    ※ 昼おやつは◎、朝おやつは●の記号で表示
    {morning_afternoon_snack_mealtitles_
    for_onedays_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

    注2)昼食と昼おやつの使用材料を複数の食事を一度に指定したい場合は[昼食,昼おやつ]のように「 [ ] 」で囲い、半角カンマで区切ります。

    例){ [昼食,昼おやつ] * 使用する食材一覧_1} →
            {[lunch,snack_a]*foodnames_for_onedays_all_1}

    注3)☆は「昼食・夕食・朝おやつ・昼おやつ・夕おやつ」のいずれかと組み合わせてご使用ください。

    例){昼食*料理名一覧_1} → {[lunch]*mealtitles_for_onedays_1}

     

    【調理指示書】

     

    【調理指示書のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
     {day}
    区分
    ※ 「昼食」「昼おやつ」など
    {meal_kind}
    料理名
    {mealtitle_#}
    食材名
    {foodname_#_#}
    3歳児以上分量
    (※幼児食専用)
    {per_person_quantity_for_over_threeyears_#_#}
    3歳未満児分量
    (※幼児食専用)
    {per_person_quantity_for_below_threeyears_#_#}
    職員分量(※幼児食専用)
    {per_person_quantity_for_staff_#_#}
    一人あたり分量
    (※乳児食専用)
    {per_person_quantity_#_#}
    総量(単位:g)
    {per_person_quantity_#_#}
    調理手順
    {cooking_methods_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

    注2) 食材名の入力については、「mealtitie_1」「mealtitle_2」「mealtitke_3」をそれぞれ別の行で設定してください。

    ・「_1」は罫線の始まりを示しています。
    ・「_2」は繰り返しを示しています。
    ・「_3」は罫線の終わりを示しています。

    【発注表】

     

    【発注表のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    業者名 {food_order_vender_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
     {month}
    {day_#}
    曜日 {week_#}
    食材名 {foodname_#_#}
    総量(単位:kg) {total_quantity_kg_#_#}
    総量(単位:g) {total_quantity_g_#_#}
    備考 {memo_#_#}
    商品番号
    {product_number_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

     

    【給食日誌】

    【給食日誌のタグ】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
    {day}
    曜日  {week}
    区分
    ※ 「昼食」「昼おやつ」など
    {meal_kind}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name_#}
    料理名 {mealtitle_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

     

    【検食簿】

    【検食簿(週ごと)】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    献立パターン名 {meal_pattern_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
     {day}
    曜日 {week}
    区分
    ※ 「昼食」「昼おやつ」など
    {meal_kind_#}
    料理名 {mealtitle_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

     

    【検食簿(日ごと)】

    項目名 タグ
    園名 {service_name}
    年号 {era}
    和暦
    ※ 2018年3月の場合
    「30」と表記されます
    {yearj}

    ※ 2018年3月の場合
    「2018」と表記されます
    {year}
    和暦年度
    ※ 2018年3月の場合
    「29」と表記されます
    {termyearj}
    年度 {termyear}
    {month}
    {day}
    曜日 {week}
    区分 {meal_kind}
    献立パターン名
    ※ 「幼児食」「離乳食」など
    {meal_pattern_name_#}
    料理名 {mealtitle_#_#}

    注1)「#」の部分には「1」「2」などの通し番号を入力します。

    記事公開日:2019年6月7日
    最終更新日:2019年6月27日