●保育士の手間を減らすための専属カメラマン

保育園や幼稚園の方針にもよりますが「保護者に喜んでもらうため、きちんとした写真を撮影したい」ということを考えて、イベントごとに専属のカメラマンにお願いして撮影してもらっていることも多いですね。
さすがプロのカメラマンだけあって、撮影された写真は素晴らしい!と感じる保護者の方もいらっしゃるでしょう。
しかし、最近ではカメラそのものの性能がグンっとあがってきています。
進化した比較的新しいカメラで撮影すれば、実は誰が撮影した写真でもキレイに仕上がることも多いものなのです。
そのため、出来上がりにはあまり大差がないかも・・・と感じてしまうケースもあります。
それに心を許している保育士が撮影することで、子供達の笑顔が一層たくさん撮影できるというメリットもあります。

コドモンプリントの販売システムを利用した場合には、保育士の手間(注文、集計、集金、保護者へのお渡し)が省かれます。

その分、普段のイベントの撮影を保育士にしてもらって、専属カメラマンのコストを抑えることも可能です。

そうすれば、写真1枚1枚の価格も抑えられ、保護者たちによりたくさんの写真を提供できることに繋がります。

●普段は保育士が撮影、大事なイベントには専属カメラマンという考え方

専属カメラマンを使うメリットというと「仕上がりの良さ」という点が大きいですよね。
レンズを向けられた時の子供の表情がどのようになるかが実は重要です。

子供慣れしているカメラマンだと、子供も自然に笑顔になるので、写真の撮影技術にプラスして、コミュニケーション能力の高いカメラマンだと園としては嬉しいです。

子供達も笑顔、写真から楽しそうな様子が伝わってくるほどのレベルの高いカメラマンの写真は保護者は高くても購入したくなります。

しかし、子供達の表情がぎこちない、特定の子供があまり写っていないなどの撮影だと、せっかく写しても保護者の購入は抑え気味になることでしょう。

そこで、考えたいのが普段のイベント時には保育士が写真撮影。
しかし、入園式、卒園式、運動会といった目玉のイベントにはカメラマンに撮影を依頼するということです。

これによって、細かいイベントは保育士が撮影して、写真の単価を抑えて、写真販売システムで販売。
重要なイベントにはカメラマンへの依頼をし「確実にキレイな写真を撮影してもらう」ということもできるでしょう。

コドモンプリントではカメラマンの紹介もしてくれますので、専属カメラマンを特に持たずに必要に応じて依頼をすることも可能です。