参加費
無料
2021.9.8(水) / 9.15(水) 13:30~15:00
オンライン開催
保育運営持続性
考える
2daysウェビナー
オンライン開催
  • 株式会社カタグルマ 代表取締役社長 / CEO 大嶽 広展
    株式会社カタグルマ
    代表取締役社長 / CEO
    大嶽 広展
  • 元気キッズ / 株式会社SHUHARI 代表取締役 中村 敏也
    元気キッズ / 株式会社SHUHARI
    代表取締役
    中村 敏也
  • 株式会社コドモン 代表取締役 小池 義則
    株式会社コドモン
    代表取締役
    小池 義則

本セミナーは終了いたしました

取り巻く環境変化への対応とよりよい保育の実現に向けて
新型コロナウイルスの影響により少子化のスピードがさらに加速する状況下で、より持続性の高い経営基盤の構築や、職員・保護者に選ばれ続ける園づくり、そしてそれを伝える発信力の強化について、ご相談をいただく機会が増えてまいりました。
このような背景を受け、弊社コドモンではこの度、特別講師を招き、「保育運営の持続性を考える」と題してウェビナーを開催する運びとなりました。コドモンのサービスの利用をご検討でない施設さまもお気軽にご参加くださいませ。
講演内容について
1
|
9.8(水)13:30~15:00
変化に強く、持続性の高い経営基盤の実現へ向けて
1
13:30~14:10
今後の保育園・幼稚園の展望と戦略
~地域別・施設規模別に見る課題と経営の転換期~
株式会社カタグルマ 代表取締役社長 / CEO 大嶽 広展
出生数の減少やコロナの影響による保育業界を取り巻く変化や今後の展望をもとに、今、取り組むべき課題や持続可能な園経営に向けた転換のポイントについてお伝えします。
2
14:15~14:55
「持続可能な園運営」を実現するICT活用の未来
~現場の省力化と経営強化の仕組みをつくる、実践実例~
株式会社コドモン 代表取締役 小池 義則
ICTを活用した業務省力化や質の高い保育の実践に向けた実例を用いてご紹介します。
また、よりよい業界の実現に向けたコドモンの想いや最新の取り組みについてご案内します。
2
|
9.15(水)13:30~15:00
安定的な園を運営するための採用とチームづくり
1
13:30~14:10
離職率を1%未満にした保育園の経営手法
~理想的な人が自然と集まり、定着し、安定的な経営ができる3つのアプローチ~
元気キッズ / 株式会社SHUHARI 代表取締役 中村 敏也
職員が生き生きと働き、長く活躍できる職場環境および園運営を円滑にするための強いチームづくりについて、具体的な実践例をご紹介します。すぐに実践できる取り組みや経営者が気にすべき点など重要なポイントをわかりやすくお伝えします。
2
14:15~14:55
「よりよい保育環境づくり」のための発信力強化
~園の魅力づくりと発信力を強化する、実践実例~
株式会社コドモン 代表取締役 小池 義則
保育士の採用や定着について、具体的な実例をもとに最新の動向をご案内します。
また、保育士の「なり手」を増やすための継続的な業界支援やコドモンの取り組みについてご紹介します。
登壇者紹介
  • 株式会社カタグルマ 代表取締役社長 / CEO 大嶽 広展
    株式会社カタグルマ 代表取締役社長 / CEO 大嶽 広展
    株式会社船井総合研究所に 2004 年に入社し、2005 年に保育業界のコンサルティング領域をゼロからスタート。16 年間で累計 430 件のコンサルティング契約・顧問契約を結ぶ。また、2011 年には東日本大震災後に経済産業省の委託事業で「全国保育園防災マニュアル」作成の統括責任者、2016 年にも同じく経済産業省「保育ニーズに応じた保育供給の在り方及び保育の経営力向上に関する調査研究」の統括責任者として従事する。2021年に、株式会社カタグルマ(KatagrMa)の代表取締役社長/CEOに就任。保育園、幼稚園、こども園の「計画性」「継続性」「成果」の高いマネジメントを実現するため、園マネジメント支援クラウド「カタグルマ」を開発。著書「保育サービス業界のカラクリがよーくわかる本」「働き続けたい保育園づくり」計4冊
  • 元気キッズ / 株式会社SHUHARI 代表取締役 中村 敏也
    元気キッズ / 株式会社SHUHARI 代表取締役 中村 敏也
    1977年7月埼玉県生まれ。明治大学経営学部卒業後、企業勤務の傍ら待機児童問題に興味を持ち、保育学や法制度を学ぶ。2004年9月、埼玉県志木市にて「保育園 元気キッズ 志木園」を開園。2006年7月株式会社SSHUHARI(シュハリ)設立し、以降地域のニーズに対応しながら小規模保育事業、認可保育所、児童発達支援事業所、保育所等訪問支援事業所、相談支援事業所を開設。埼玉県内に、保育園、児童発達支援(保育型)施設、保育所等訪問支援事業所と児童発達支援事業所(個別型)の多機能施設、病児保育室、放課後児童クラブ、相談支援事業所を開設・運営(2021年4月現在)。子どもが笑顔で過ごせる保育園にするためには、職員が楽しめる職場であることが重要と考え、職員が意見を言いやすい職場の雰囲気作りや福利厚生面など、働きやすさも重視した職場環境作りに力をいれている。
  • 株式会社コドモン 代表取締役 小池 義則
    株式会社コドモン 代表取締役 小池 義則
    横浜国立大学経済学部卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。2009年に起業し、Webの受託開発を行う傍ら、2015年に自社プロダクトとして保育 / 幼稚園向け業務支援システム「コドモン」をリリース。「子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でよりよいものに」という理念の元、保育士の業務省力化や保育の質向上に向けたICT活用の普及を推進。コドモンの2021年6月時点での導入施設数は8,200施設を超え、日本国内での保育ICTとしては最大手に。2020年には、保育の魅力発信のためのWebサービス「ホイシル」をリリースし、保育の担い手の増加のための取り組みに着手、さらに2021年には「コドモンカレッジ」の開校で、すべての保育者に学びの機会としてオンライン研修サービスの提供を開始。
講演概要
講演タイトル
保育運営の持続性を考える 2daysウェビナー(コドモン主催)
登壇者
株式会社カタグルマ 代表取締役社長 / CEO 大嶽 広展
元気キッズ / 株式会社SHUHARI 代表取締役 中村 敏也
株式会社コドモン 代表取締役 小池 義則
開催日時
第一回:2021年9月8日(水) 13:30〜15:00
第二回:2021年9月15日(水) 13:30~15:00
開催場所
Zoomによるオンライン開催
※お申込み後参加URLを発行いたします。
参加費
無料(完全予約制)
主催
株式会社コドモン